さいたま市浦和のアロマ教室「Aroma_Honoka」です。

 

2019年9月29日の日曜日、3か月ぶりのワークショップを開催いたしました。

 

今回も満席の参加者サマをお迎えしての開催。
開催日が確保できず、お久しぶりの開催となりましたが、楽しみにしていたと顔をそろえてくださる参加者サマには、本当に感謝しております。

 

この日のmenuは・・・

 

①セリシン美容液作り
②ホーウッドのブレンドオイル作り
③ナノソイスプレー作り
④秋色スイーツのご提供 でした。

 

セリシン美容液作り

9月のワークショップのメインは、黄金繭から美容液成分を抽出するセリシン美容液作りでした。

 

繭玉の黄色が鮮やかです。

 

この繭玉を圧力鍋でじっくりと煮出し、天然の美容成分を抽出しました。
搾り出す作業はなかなかの力仕事です。

 

参加者サマの力を合わせた搾り出し作業の甲斐あって、たくさんの抽出液が取り出せました。

 

まるで工場での作業のようですが、皆様楽しそうに工程を体験されて、最後には流れ作業で手際よく♪

 

出来上がったセリシン美容液は、容器に貼ったシールでこんなにかわいく仕上がりました。
大人の女性の遊び心、可愛らしくて素敵です♪

 

このセリシン液は、顔や手などの肌荒れ、乾燥肌のケアにお使いいただけます。
また、アトピー性や老人性皮膚炎、あせも予防にも有用です。
踵や肘など皮膚が厚くなっているところ、頭(洗髪後、頭皮にすり込む、フケ、カユミ、抜け毛の予防)、蚊に刺されたら塗る(かゆみが取れる)等々、季節を問わずスキンケアに役立つ美容液です。

 

特に乾燥が気になる寒い冬を前に、参加者サマのお肌を潤してくれたらと願っています。

 

お楽しみの秋色スイーツ

ワークショップの最後は、恒例となっております手作りのスイーツを提供させていただきました。

 

ヒロミシェフが腕をふるった、見た目にも美しい秋色のスイーツです。
秋のフルーツをたっぷり添えた「渋川栗と赤えんどう豆入りのマルベリーバターケーキ」

 

バターケーキの緑色は、抹茶の緑色ではなく、マルベリーの緑色です。

 

マルベリーとは桑の葉。

 

今回は、セリシン美容液を繭玉から抽出したこともあり、お蚕さんも食べる、桑の葉のケーキを楽しんでいただきました。

 

また、合わせて提供させていただいたお茶も、マルベリーとダージリンをメインにしたアレンジティー。

 

今回はマルベリーづくしのワークショップとなりました。

 

また、ご一緒に、マルベリーのグリーンが映える、塩味の効いたサクサクのハーブクラッカーもお楽しみいただきましたが、こちらのハーブクラッカー、参加者サマに大好評でしたので、次回12月のワークショップで、実際に皆様にお作りいただきます。

 

アレンジ可能なハーブクラッカー作り、参加者サマによってどんなアレンジがされるか、私も楽しみです♪

 

次回のherbalcafehiromiho「Specialtimes」は、12月1日(日)の開催となります。
年内最後の開催となり、12月1日のお席はリピーター様にご予約いただいておりますが、herbalcafehiromihoはリクエストによる開催も調整しております。

 

お友達数名で、
楽しく季節のアロマを体験したい・・・
ハーブティーのブレンドを楽しみたい・・・
美味しいスイーツを囲んでお話したい・・・
など、ご興味がございましたら、当ホームページのコンタクトからお気軽にお問合せください。