冬本番の12月。

 

外に出かけるのも億劫になりがちですが、寒い日のおうち時間に、ピンク色のハーブ甘酒作りはいかがでしょうか。

 

飲む点滴と言われる「甘酒」に、ハーブの植物酸とビタミンCをプラスした、甘酸っぱい甘酒です。

 

とても簡単に作れますので、ぜひお試しください。

 

ハーブ甘酒の材料(小さなカップ1杯分)

①酒粕 30g

②ハイビスカスとローズヒップ 小さじ1
このくらいの量をティーバッグに入れます。
ハイビスカス

③水 200ml

④はちみつ 大さじ1

 

作り方

①お鍋に水とティーバッグを入れて火にかけ、濃い目のハーブティーを抽出する。

②ティーバッグを取り出す。

③お鍋のハーブティーの中に酒粕を入れてよく溶かす。

※アルコールが苦手な方は、ここでアルコールを飛ばしてください。

④はちみつを入れてよく混ぜる。

⑤器に移して出来上がり。

 

ハイビスカスの分量で酸味を、はちみつの分量で甘味をそれぞれ調節することができます。

 

トロリとした甘酒がお好きな方は、酒粕の量を増やしても♪

 

何度か試すと、自分好みのハーブ甘酒が出来上がります。

 

寒い冬のおうち時間、ココロとカラダを温める「ハーブ甘酒作り」をぜひお楽しみください。