6月に入り、蒸し暑さを感じる日が増えそうです。

 

この季節は、ココロもカラダも重だるい・・・と感じてしまいがち。

 

そのような日にも、香りを活用することで、簡単に気分転換が可能です。

 

気分転換にオススメしたいのは柑橘系精油。

 

慣れ親しんだ、甘酸っぱい香りが気分をリフレッシュに導いてくれます。

 

そこで今回は、ベルガモットを中心に数種類の柑橘系精油をブレンドする「ケルンの水」の再現レシピをご紹介いたします。

 

ケルンの水とは

ケルンの水は、17世紀末に当時のイタリアで流行っていた「アクアミラビリス(すばらしい水)」を、ジョヴァンニ・パオロ・フェミニス(1660~1736)が、ドイツのケルンで売り出したのが始まりだと言われています。

 

この香りは社交界の人気を博し、「ケルニッシュ・ヴァッサー」、「オー・デ・コロン」として世界中に浸透しました。

 

ケルンの水の魅力は香りが良いというだけでなく、爽やかなリフレッシュメント。

 

さっと香り、さっと消える「ケルンの水」は大流行し、ナポレオンやゲーテといた著名人にも愛用されていたそうです。

 

「ケルンの水」の精油ブレンドレシピ

Aroma_Honokaのブレンドレシピでは、5種類の柑橘系精油に、サンダルウッドとジャスミンを加えて、爽やかさの中にも大人っぽさを表現してみました。

 

・ベルガモット(FCF) 6滴
・レモン(FCF)  4滴
・オレンジスイート  2滴
・マンダリン  2滴
・グレープフルーツ(FCF)  2滴
・ラベンダー  2滴
・サンダルウッド  1滴
・ジャスミン  0.5滴

 

ジャスミンは、1滴入れてしまうと、主張が強くなってしまいますので、0.5滴。

 

0.5滴でも少し強いかな?と、0.25滴に調整される生徒サマもいらっしゃいます。

 

この微調整で香りの印象が大きく変わります。

 

こちらのレシピを参考に、ご自分のお気に入りのブレンド比率を見つけていただければと思います。

 

ナードアドバイザーコースの特別レッスン

Aroma_Honokaでは、この「ケルンの水」の再現レシピを使ったアロマクラフトを、ナードアドバイザーコースの13回目のレッスンで実習としてご体験いただいております。

 

規定の12回のレッスンに1レッスンをプラスした13回目のレッスンでは、試験対策と楽しいクラフト実習を組み合わせてお楽しみいただいております。

 

テキストでは、たった1行しか触れられていない「ケルンの水」ですが、たくさんの柑橘系精油をブレンドしていただく再現レシピをご体験いただくと、笑顔が溢れて教室内も明るくなります。

 

柑橘系精油のフレッシュな香りは人気が高く、アロマクラフトに使用すると爽やかな香りが広がりますが、光毒性には要注意。

 

精油を楽しく安全に使いこなしていただくためには、基本的な知識も必要となります。

 

この光毒性に代表されるような精油の「禁忌事項」や「注意事項」も基本的な知識の中のひとつ。

 

アロマ初心者サマには、アロマテラピーを体系的に学ぶことができる、ナードジャパンのアロマアドバイザーコースもオススメです。

 

体験説明会について

Aroma_Honokaでは、アロマアドバイザーコースの体験説明会を随時開催しております。

 

ご興味ございましたら、Scheduleの「予約可」の日程をご確認の上、当HPのコンタクトからお気軽にお問合せください。

 

よろしくお願いいたします。