さいたま市浦和のアロマ教室「Aroma_Honoka」です。

7月は、ミント精油をテーマに4コマのワークショップを開催し、ミント精油を使ったアロマクラフトや、ミントのブレンドハーブティーなど、夏を涼しく過ごすためのミントの活用方法をご紹介しました。

精油やハーブティー以外でも、ワークショップの参加者サマにご紹介して、お土産としてお持ち帰りいただいたミント関連のグッズが2点。
「メンソールクリスタル」と「ペパーミントのハーブバス」です。

 

「メンソールクリスタル」は、はっか脳(薄荷脳)と云われる、天然はっかの精油から得たメントール成分の結晶です。
メントール成分が98%以上も含まれていて、スースーと冷涼感を感じることができますので、湿気が多く、蒸し暑い時期にはお勧めです。
見た目もとても涼しげです。

・冷たいおしぼりを作る時の洗面器に・・・1かけら
・浴槽に溶かして爽やかなバスタイムに・・・2かけら
・掃除機に吸わせてお掃除タイムを清々しく・・・3かけら
などなど、使い方を含めてご紹介させていただきました。

小さなひとかけらが、驚くほどの冷涼感をもたらしてくれますので、お試しの際は、ほんの少量から・・・と、ご紹介させていただきました。

 

ハーブバスは、ドライのペパーミントの葉に、プラナロム精油を贅沢に使用した、天然素材だけの浴用ハーブです。

ペパーミントは、不織布の中に入っていますので、浴槽の中でモミモミすると、浴室に香りが広がり、お風呂あがりのお肌もスーッと涼しく感じられます。
お湯の色は薬草風呂のように茶色くなってしまいますが、暑い夏の沐浴にはおすすめの浴用ハーブです。

 

ミントの冷涼感は、暑すぎる夏の日の不快感を軽減させてくれる強い味方です。
災害級の暑さとも言われている今年の夏、私は、セルフケアでのミントの活躍に期待しているところです。